株式会社タカヤマ HOME > What's New > 安全活動 > 安全大会を開催しました。

安全活動

安全大会を開催しました。

平成27年7月30日(木)Workers Base Natureにて、協同組合所沢清和会の安全大会を実施しました。
今回は「自然災害」をテーマに、最近多発している落雷を含む豪雨時の対応・対策について、
組合員の認識を統一する事を目的に実演訓練を行ないました。


※ーーーーーーーーーーー
急な大雨や雷から身を守るためにーーー積乱雲が近づくサインを見逃さないーーー事が大切です。
そのサインとは、「真っ黒い雲が近づいてきた」「急に冷たい風が吹いてきた」そして、「雷の音が聞こえてきた」
この雷の音が聞こえた時には、すでに自分の居る場所にいつ落雷してもおかしくない落雷危険区域に入っています。
速やかに避難する等、安全第一の行動をしましょう
ーーーーーーーーーーー※
※国土交通省気象庁ホームページの知識・解説「急な大雨や雷・竜巻から身を守るために」より


では業務中に雷が聞こえたら? 協同組合所沢清和会では以下の通り対応致します。
雷が聞こえたら、車内待機しその旨上長に報告、緊急連絡網で共有をします。
また車内待機の際は、豪雨や傘により視界が悪くなった歩行者に十分注意して、電柱や高い木、鉄塔を
避けた安全に停車できる場所まで車両を移動します。

自然災害発生時にも安全に業務を遂行する為に、3つのことをお約束します。
1、無理をしない 2、地域住民の方への配慮を忘れない 3、報告・連絡・相談
この3つを習慣化し、業務に従事して参ります。


写真:150730_1.JPG


写真:150730_2.JPG

個別記事|2015.08.03|
ページトップへ