環境

ENVIRONMENT

木のイラスト

[エコジョイン北関東]

アイコン基本理念

地球環境の保全が人類共通の最重要課題の一つであることを認識し、企業活動のあらゆる面で地球環境への影響を最小限とする企業を目指し、ISO14001の確立、維持によって環境問題への取り組みを推進し、社会への貢献を図ります。

環境方針

(1) 汚泥及び動植物牲残さの中間処分業及びリサイクリング業として、環境影響に配慮した操業を目指し、特に以下の項目について優先的に環境保全活動を推進する。
・臭気拡散・大気汚染・水質汚濁の軽減
・廃棄物の減量化・安定化及び再資源化の向上
(2) 環境に与える影響を確実に捉え、環境目的・目標・プログラムを定め、技術的・経済的に可能な範囲で環境マネジメントシステムの継続的な改善と汚染の防止に努める。
(3) 環境に関連する法律・条例・利害関係者との同意事項を遵守し、一層の環境保全に取り組む。
(4) 環境教育の実施により全従業員への環境方針の理解と環境に関する意識向上を図る。
(5) 本方針は求めに応じ公開する。

アイコン環境マネジメントシステム

ISO14001認証取得(エコジョイン北関東)

エコジョイン北関東は平成4年の操業開始より、リサイクル業の先駆けとして、「地球環境保全」を旨に産業廃棄物の再生に取り組み、安全な施設の維持と廃棄物の安定化・減容化・再利用化・無公害化と環境負荷の低減に努めて参りました。
2002年よりISO14001の認証を受け、環境マネジメント方針に則って継続的に環境対策に取り組んでいます。

[所沢本社]

基本理念

タカヤマは、人々への快適環境を提供する仕事を通じ、地域との共生を図り、地球環境の保全の重要性を認識し、全社員が一丸となって、持続可能な循環型社会の構築に貢献します。

アイコン環境方針

1.エコアクション21で環境管理体制を整備し、環境保全活動を推進します。
2.廃棄物の収集運搬・処分に於ける環境負荷を低減するため、次の項目に取組みます。
  1) 省エネルギー(電力・燃料等)の推進
  2) 省資源(水・紙等)の推進
  3) 廃棄物の3R(減量・再使用・再利用)の推進
3.関連する環境関連法規則の要求事項を遵守します。
4.全社員が環境負荷低減活動を積極的に実践できるように、この環境方針を周知徹底します。
5.この環境方針は社外にも公表します。

アイコン環境マネジメントシステム

エコアクション21 認証取得(所沢本社)

当社は、1958年の創業以来、設備清掃・メンテナンス・廃棄物処理・リサイクル事業に一貫して取り組み、安全な施設の維持、廃棄物の安定化・減容化・再利用化・無公害化と環境負荷の低減に努めて参りました。
所沢本社では2012年よりエコアクション21の認証を受け、環境省「エコアクション21ガイドライン」に則って環境対策に取り組んでいます。

認証・登録証

事業を通した環境への貢献

6 安全な水とトイレを世界中に 9 産業と技術革新の基盤をつくろう 11 住み続けられるまちづくりを

エコジョイン北関東では、産業廃棄物処分業許可のもと、主に有機汚泥の中間処分(脱水・焼却)を行っています。脱水処理工程では、吸引車により一度に大量に運搬された汚泥は脱水機により固液分離され、脱水ケーキと呼ばれる固形状の汚泥へ減容し、残りのろ液は排水処理施設にて浄化されます。減容率は汚泥の性状にもよりますが、多い時には10分の1程度まで減らすことができます。
このようにして、日々排出される廃棄物を減容化し、最終処分へ移行する量を少なくすることにより、環境負荷の軽減を実現しています。また、焼却処理においても、汚泥を焼却灰やばいじんへ減容することで、同様に環境貢献を図っています。

エコドライブの推進

9 産業と技術革新の基盤をつくろう 11 住み続けられるまちづくりを

SDGs目標のひとつとして掲げている「CO2排出量削減」のための取り組みとして、業務車輌を対象にエコドライブを推進しています。各車輌の燃費を集計し、改善を図るほか、SDGsに関連したステッカー等を車内外に示すことにより、運転手と周囲への意識付けを行っています。

SDGsステッカー
SDGsステッカー
SDGsステッカー
SDGsステッカー
ページトップへ