安全活動

安全大会を開催しました。

平成27129日(木)Workers Base Natureにて、協同組合所沢清和会の第2回安全大会を実施しました。
今回は「車両火災発生時の対応方法」をテーマに、
東部収集事務所、所沢市東消防署の方々を講師としてお招きし訓練を行いました。
また「優秀従事者」として、他の模範となる素晴らしい行動を実践してくれた2名を表彰致しました。

消火訓練では、まず消防署の方に消火器の使い方と、消火時の注意事項について指導をいただき、
これに習って20名の作業員が実際に消火器を使用しました。
その後パッカー車を動かし車両火災が発生した際の行動手順を確認しました。
訓練であることを伝えた上で実際に『救急ダイヤル』に電話をかけ「どのような情報を消防署の方が
求めているのか」緊急対応時の心構えとして参加者に周知をしました。

寒い中ではありましたが、参加者全員真剣に取り組みました。総評で頂いた東部収集事務所の方の
『訓練では本番のように真剣に。本番では、訓練のように落ち着いて』を意識し、
これからも安全第一で業務に努めてまいります。


写真:20150129anzen1.JPG


写真:20150129anzen2.JPG

個別記事|2015.02.02|

社内実務研修を実施しました。

平成26年10月24日(金)、42期第一回目の「若タカ会」を所沢商工会議所にて開催致しました。
前期CSRレポート発行に関しての総括、今期スケジュール発表、利益向上に関するディスカッションなど、
内容は多岐に渡り行われました。

今期はCSRレポート第二版の発行、各種勉強会など様々企画しております。しっかりと活動に取り組み成長して参ります。
更なるご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。


写真:141024waka2.JPG


写真:141024waka1.JPG

個別記事|2014.10.27|

安全大会を開催しました。

平成26年7月30日(水)Workers Base Natureにて、タカヤマ安全大会チーム主催による
協同組合所沢清和会の安全大会を実施しました。
今回は「業務品質と安全=サービスの向上」「エコドライブによる環境貢献」をテーマに、
全組合員の研修と情報共有を目的に行いました。また「優秀従事者」として、他の模範となる
素晴らしい行動を実践してくれた5名を表彰致しました。

業務品質・安全向上では、誘導と最終確認「2名乗車時の基本作業、注意点」として、
見本を実演後に2名3組が実演体験しました。
エコドライブによる環境貢献では「エコドライブの必要性」として、「ふんわりアクセル」について
「最初の5秒で時速20km」、「最初の5秒で時速10km」をパッカー車で実演し、見た目の速度と
排気音の大きさの違いを体感しました。
通常ふんわりアクセルは、5秒で時速20kmが目安ですが、排気音の大きさから「5秒で時速10km」を
心がけ運行して参ります。


安全第一、品質とサービスの向上に弛まぬ努力を続け、皆様から信頼いただける企業を目指して参ります。



※ふんわりアクセル「eスタート」とは、普通の発進よりも少しおだやかに発進するだけで、
燃費消費は10%程度少なくなると言われています。
当社比では、収集運搬車両全体で約6%燃費が向上しております。


写真:140730_1.JPG


写真:140730_2.JPG

個別記事|2014.07.31|

社内実務研修を実施しました。

平成26年4月25日(金)-26日(土)、今期第二回目の社内実務研修「若タカ会」を開催致しました。
今期は、会でCSRレポート作成をプロジェクトとして進めている関係で、兵庫県の
株式会社リヴァックス様へ訪問させて頂きました。

ご担当者様から、レポート作成にまつわる苦労、そして実際に行っている活動について詳しくご説明頂き、
大変勉強になりました。
2日目はメンバー全員で、レポート作成の「中間発表」とディスカッションを行いました。
9月完成に向け、更なる努力を続けて参ります。


写真:140425_1.jpg


写真:140425_2.jpg

個別記事|2014.04.30|

安全大会を実施しました。

平成25年12月14日(土)、Workers Base Natureにおいて安全大会を実施いたしました。

今回は41期、環境サービスグル―プの品質目標でもある「事故撲滅」を目指し、40期に発生した事故事例をもとに、
事故が発生した状況の再現、予防策を自ら考え、実際に車両を動かし予防策の有効性を検証しました。

タカヤマでは、「車両火災時の対応」「電流値の測定方法(配電盤)」、そして今回の「事故の検証と対策」と
41期が始まり3回の安全大会を開催しております。
今後も安全第一で業務を遂行して参ります。


※「Workers Base Nature」とはタカヤマ車両基地の名称です。
事故の再現につきましては、ポールやカラーコーン等で疑似環境を設置し、十分に安全配慮をした上で行っております。


写真:20131214anzen1.JPG


写真:20131214anzen2.JPG

個別記事|2013.12.17|
前の5件 1  2  3  4
ページトップへ